| HOME | TOP | 新規投稿 |


Prev ← [1] [2] [3] [4] → Next

【SBA】書く事があまり無いのですが… 2008/07/19 (Sat)
今日は何を書こうかと迷っていたのですが、
SBAのことでも書くとしましょうか。

え、前回の日記も鰻がSBAの事を書いていたのですか。
まぁ、奴は一応主人公ですから、好きに書かせておけば良いんじゃないですか。

しかし、なんであの鰻野郎が主人公なんでしょうかね。
私の方が背が高いし年上だし力もありますし地位もありますし
顔も良いですし眼鏡も似合いますしネコミミは可愛いと言われますし…
何だか納得がいきませんね。

次回Saviorの外伝を出していただけるのなら、
私が主役でヒロインはソア様の素晴らしい物語を作って欲しいものです。

さて話がそれましたが、SBAは相変わらず鋭意製作中です。
公開日がやや伸びてしまったようですが、
この分中身の深いものを期待していて欲しい、との事です。
パズル要素のあるミニゲームもささやかながらあるそうですし、
割とRPG初心者にも優しい作りとなっているようです。
私の活躍にもご期待ください!

7/7 23時*1
7/9 17時*1
7/10 3時*1
7/12 6時*1
7/14 8時*1
7/15 17時*1 23時*1
7/16 11時*1
7/17 10時*1
7/18 15時*1
拍手たくさんありがとうございます。
お礼にSBAのヒントを差し上げましょう。

我が主レヴリス様は美しい翼と角をお持ちで、
時に「竜王」と呼ばれることがあるそうです。
「竜王」といえば…。

【SBA】別世界の住人達 2008/07/07 (Mon)
オリジナルRPG「Savior 〜Blue Aspiration〜」は鋭意製作中だ。

ネタバレになるからあまり詳しくは言えないが、
この話の中では別の世界からの人間達をゲストのような形で
登場させているらしい。

ゲストとして登場するのは、俺がESで知り合ったラティさんやサンダース、
EmSでエスタシアが世話になっているマルスだ。
この三人は我がマスターの繋がりでSBAに対してご協力いただいている人達の
キャラクターで、実際にSBAの中でも協力者として登場いただいている。

特にラティさんは実際に動かせるパーティーメンバーとして加わってくれるから、
その力を存分に味わってもらいたい。
マルスやサンダースも、持ち前の鍛冶や知識で俺らをサポートしてくれる。

他にも誰かが別の世界からやってくるかもしれねぇな。
我がマスターのキャラでSaviorの住人ではない奴らも混ざってくるかもしれん。

まぁ、どこかで見た事のある奴をSBAの中で見かけたら、
仲良くしてほしいところだな。


6/24 20時*1
6/27 1時*1
7/1 14時*1
7/3 18時*1
7/5 20時*1
拍手ありがとう! ちょっと返事が遅くなったぜ。

【GB】水路の曲者 2008/06/22 (Sun)
私は現在Grand Blazeという世界で旅をしている。
慣れない旅のパートナーはルージュ殿という、
私よりも年下だがしっかりしていて力も強い少女だ。
いや、少女というよりももう立派に成熟した女性のように思える。
この世界で私よりも早くから冒険をしているという彼女は、
まだ右も左もわからない私の手を引き、
いろいろな場所に案内してくれている。

二人で行った所といえば、最初はトレントの球根を探しに行き、
それから迷子になった犬を探しに行き、
偵察の報告書をもらいに行くという伝令の役をもらい、
草原でトマトの魔物と戦い…
今は水路でコウモリやネズミと戦っている。
どうやらこの水路に発生するこれらの動物は
普通のものとは違って凶暴化していて危険らしい。

確かに小さいネズミと言ってもその爪の力は強く、
引っかかれたら大きな傷跡が残ってしまう。
それに、毒も持っているから厄介だ。

私の実力が足りないのか、今回は時間切れに終わってしまった。
あと少しのところで勝利を掴む事ができたのだが、
残念でならない。
ルージュ殿は攻撃と回復を上手く使い分けて戦闘をこなしているが、
ただ敵を叩くことしかできない自分がもどかしい。
もっと経験を重ねて、強くならなければ…
そんな気持ちばかりが先走りしているような気がしてならない。
しかし、そんな私の背中を守ってくれているルージュ殿には
心から感謝したい。

6/17 6時*1
6/18 6時*1
6/20 11時*1
6/21 23時*1
6/22 15時*1
拍手、感謝する。
こんな拙い日記でも見てくれている方がいること、
本当に嬉しく思う。
またよろしく頼む。

【LOE】宝石! 2008/06/16 (Mon)
今日はいつものように宝石の原石を磨いていたら、
見たことも無い宝石になったんだ。
これは、図鑑で調べてみたら「アイテム精製の極意」という
力を持つ宝石のようで、なかなか手に入らないらしい。

僕はこの世界でもSaviorの世界でも、アクセサリー作りや
宝石の加工とかが得意なんだ。
銀細工とか、暇があったらなにかいじってる事が多いね。
LOEでもその特技を生かして、原石を磨いて精度の高い宝石を
精製している。
レベルの後ろに[+1]ってつくのが精度の高い宝石なのかな?
普通のよりも力が強いから、精度というか魔力が高いのかもしれないね。
アイテム精製の極意という宝石を身につけていたら、
精度の高い宝石ができる確立が高くなるのかな?
きっとそんな感じ。
次回からこれをつけて原石を磨いてみようと思う。
どんな効果があるのか、今から楽しみだね。

6/11 20時*1
6/13 22時*1
6/16 1時*1
拍手ありがとう。お礼に、今度僕のお城のお茶会にご招待…
できるといいんだけどね(笑)。

【SBA】SaviorのSは尻のS♪ 2008/06/09 (Mon)
今日は私が日記を書くけど…何を書こうかしら。
そうね、Saviorの世界の施設についてでも書かせてもらうわ。

Saviorの世界のそれぞれの国には、その国の特徴とも言える施設があるのよ。
例えば、私やレアナ先輩が住んでいるキタス国の王都には
とっても大きな兵士宿舎があるわ。
普通は国の騎士や兵士たちはお城の一角に住んでいたり、
街から登城しているらしいけど、
私達は宿舎のおかげで、ずいぶんと楽に仕事ができているわ。
しかも、屋外訓練場もあって、とても便利なのよ♪

隣のシルダール国は西海岸のクノーフの町がお勧めね。
港町で、波の音がすごく心地良いのよ。
それに、港町ならではの獲れたての魚も食べられるのよ!

アザリア国は王都が大きくて賑やかで楽しいわ。
街の入口には大きな噴水があって、いつもたくさんの人たちで
賑わっているの。
街の東側には闘技場があって、時々試合が開催されているわね。
私も一度出場してみたいわ…なんてね♪

ニハルハ国は王都もシ・リョンの町も悪く言えば田舎臭いけど、
たくさんの遺跡が発見されていて、一部は観光名所になっているのよ。
あと、国の端っこに天然の温泉が湧き出るところがあるわ。
温泉宿ってほど開発されていないみたいだけど、
観光ついでに寄っていく人も多いみたい。
お肌がつるつるになるそうよ♪

ニュール国の見所はやっぱり雪原よね。
空も大地も真っ白で、その雪の所為かすごく静かなの。
そんなところで一人で考え事をするの…レアナ先輩は好きそうね(笑)。
私は暖かい部屋の窓からきらきら光る雪原を見るほうがいいわ。
ニュール王都ではラヴェールのお母さまの家庭料理屋がお勧めよ。
お母さまと、看板娘のラヴェールの妹・ニーナちゃんのネコミミもラヴェールと同じで
可愛いのよね〜♪

SBAではこれらの名所を回る事ができるわ。
私はダントツで温泉がお気に入り♪
あなたもニハルハ国に行ったら温泉を探してみてね!


…あ、タイトルはそれほど関係ないわ(笑)。
いや、全く関係ないわけじゃないけどね☆きゃはは!


6/5 13時*1
6/7 16時*1
6/8 1時*1
6/9 18時*1
拍手ありがとう♪ SBAではサービスしちゃうわよ〜!

【Savior】救世主の魔力 2008/06/03 (Tue)
イールがちょっと前にこの世界の魔法について語ってたけど、
僕も自分の魔力について少し語らせてもらおうか。

この世界にはたくさんの魔法形式があるんだ。
例えば…体内から魔力を生み出す「体魔法」、
本や札に魔方陣を書いて魔力を生み出す「陣魔法」、
精霊と契約して魔力を分けてもらう「精霊魔法」、
自然の魔力を持った石なんかから魔力を抽出して使う「自然魔法」、
道具に魔力を宿らせて使う「魔法具」、
それから、呪いの力を使う「呪術」。

僕が使うのは主に体魔法と線魔法だね。
体内から魔力を生み出せるのは体質で、
誰にでもできるわけでもない… けど、できる人も結構いるみたい。
イールもある程度体内から魔力を生み出せるみたいだし。
ソアはできないらしいから、線魔法と魔法具を使っている。

この世界の魔力には四つの属性があって、
熱い力を「火」、冷たい力を「水」、強い力を「風」、弱い力を「土」と呼んでいる。
あと、特殊な形で全てを使える「光」ってのもある。
通常、魔力を使えるものは大抵メインとサブの二つの力を持っていて、
その二つを織って魔術とするんだ。
僕の属性は光で、これには特別にメインもサブもない。

ちなみに、イールの属性はメインが水、サブは風。
ソアはメインが火でサブが風。
ラヴェールはメインが風でサブが火。
エスタシアはメインが水でサブが土。
レアナはメインもサブも土。
この属性ってものは生まれつきのもので、生涯変わらないらしい。
それと、遺伝は関係無いみたいだね。

今日はここまで。
ちょっとわかりづらかったらごめんなさい。

6/1 9時*1
6/3 11時*1
拍手ありがとう!
これからも頑張って更新するからね。

【SD】新たなるパイエカイ(旅) 2008/05/30 (Fri)
前期に引き続き、俺様はまたパイエカイ(旅)に出ることになった。
行き先はまた同じ場所、Soul Dropsというモシリ(世界)だな。
このモシリには俺様のように羽を持った奴や、
なんだか大きな鎌を持ち歩いている奴が多い。
それがこのモシリの特徴らしいが…。

このモシリで前に一緒にパイエカイをした奴らとまた会うことになった。
妖艶なルルランとピリカメノコ(美女)のミゼリア、あとヴィルのユポ(兄ちゃん)もいたな。
それから、新しくイウタリ(仲間)になる事になったイワンケイ(健康的)なコルディ。
俺様もこんなにたくさんのイウタリができて嬉しいな。

まだまだこのモシリにはわからないことだらけだが、
これからどんなパイエカイになるか、楽しみだぜ。

5/28 6時*1
5/30 8時*1
拍手、イヤイライケレ(ありがとう)!
誰にどんな日記をつけてほしいかのリクエストなんかも
受け付けるらしいぜ(笑)。

【DK3】余裕ですね。 2008/05/26 (Mon)
リズさんが我々のパーティーに入って、もうけっこう経ちますね。
その頃はまだレベルがヒトケタだった彼女も、ずいぶんと強くなりました。
同時に私と鴇島さんもこの世界に慣れてきたのか、
複雑な技で敵を効率よく倒す方法を身につけつつあります。

そろそろこの街道の敵にも物足りなさを感じてきました。
移動する良い機会かもしれませんね。
幸い、我々が行く先にもPKはあまりいなそうですし、
移動するのなら今のうちでしょう。
ひとまず街でアイテムを整理して一休みしましょうか。

そういえば、鴇島さんがリズさんにリボンをプレゼントしているところを
見てしまいました。
…鴇島さんも大人しそうな顔をしていて、なかなかやりますね(笑)。

5/22 2時*1
5/24 3時*1
5/26 5時*1
拍手ありがとうございます。
しかし、こんな時間にくれるとは…(笑)。
真夜中はちゃんと寝たほうがいいですよ?
あっ、でも拍手は本当に嬉しいですから!またよろしくお願いします。

【Savior】救世主の魔法 2008/05/21 (Wed)
俺の職業は魔術師だ。
魔術師といえば魔法を生業としている者たちの事を言う。
具体的に何をしているかと言えば…
たとえば、魔力を持った武具や道具や宝石類があればその鑑定をしたり、
やばい魔力だったら封印したり魔力を吸い取ったりして安全にする。
あと、ニハルハ国に多数ある古代遺跡を調査して、
古代魔法の残滓を見つけて解析する。
それから、魔力を複雑に織って、新しい魔法を作り出す。
主に言えばその三つが俺の仕事だ。
俺の魔術師としての仕事は、個人で請け負っている魔法鑑定以外は
国を挙げて行っている魔法研究事業への協力という形で、
王立魔法研究所の研究員という身分をもらって行っている。
まぁ、魔法鑑定だけじゃ食っていけないしな(笑)。

ところで俺が使う魔法は俗に言う「線魔法」というものだ。
それがどんなものかは別の機会に話すが、
簡単に言って自然界にある魔力の源「魔法線」から
魔力を分けてもらって体内に溜めて、印によって引き出して
具現化するというものだ。
印を組んで魔力を引き出す時に僅かな時間がかかるから、
その時間を使って詠唱している。

そう、実は俺が魔法を使うときに放つ詠唱には、
言葉としての意味は全く無ぇ!(笑)
簡単な魔法なら詠唱無しで使えるぞ。

だが詠唱の言葉を考えて紡ぎ出している時って集中できるし、
難しい言葉のほうがなんだか上級の魔法を使っているように見えるだろ?
俺が使っているのは「線魔法」だけど、レヴリス様やソア王女は
また違った形態の魔法を使っているようだ。
それはまた本人達に語っていただこうか。

5/19 12時*1 22時*1
拍手ありがとうな。
本当は拍手のお礼を何か考えるべきなんだろうが、
我がマスターの力がいろいろ足りていないようだ。すまない!(土下座)

【Savior】救世主の世界 2008/05/18 (Sun)
前回はイールがこの世界について少しだけ語ってくれたようだが、
続きは私から語らせてもらおう。
本来ならば我がマスターの分身のような存在である私が全てを語るのが
一番良いのだが、イールがその役を進んで買ってくれたようだ。
物好きな奴だな…。

この世界には、我がマスターに世界における「地球」といったような
固定した名前は無い。
だが、この世界には5つの国があって、それぞれには名前がつけられている。
まず世界の最も西にある私やエスタシアが現在住んでいる国「キタス国」。
レティシア女王陛下が治めておられる、自然が多くて美しい国だ。
そこからキタル大橋を挟んで東が「シルダール国」。
まだ未開の大草原が国の半分以上を占めていて、
国王ではなく数名の貴族が街を管理している、少し変わった国だ。
シルダール国からシルダリア海峡を挟んだ南には「アザリア国」がある。
西の砂漠地帯と東の大都市がある、多分世界で一番豊かな国だろう。
アザリア国から北東には魔法国家「ニハルハ国」がある。
イールの住んでいる国だな。
王立魔法研究所があって、国を挙げて魔法の研究や開発を行っている。
キタス国の魔術師にもニハルハ国出身のものが多いな。
ニハルハ国から北には、ニハール海峡を挟んで「ニュール国」がある。
若きレヴリス国王が治め、ソア王女や騎士ラヴェールが守っている国だ。
ニュール人には、他の国の人間には無い角や翼などを持つものが多く、
それがかつては差別の対象となっていて、それ故に閉鎖的な国と思われがちだ。
だが、レヴリス王の代になってからは積極的な外交も行われており、
金属や宝石類の輸出も世界中に貢献している。
かつての大戦で敵国として戦ったキタス国では
いまだニュール国への印象があまり良いものではなく、
特にイクシアーダ王女はレヴリス王の嫌悪感をあらわにされている。

SBAではこの5つの国を巡る物語が主流となってくる。
それぞれの国たくさんの部分が垣間見れるだろう。
ぜひ、この世界のいろいろな国を楽しんでいただきたい。

5/17 15時*1 20時*1
拍手、感謝する。

Prev ← [1] [2] [3] [4] → Next



| HOME | TOP | 新規投稿 |
CmfDiary(ver1.11)